長野県農村生活マイスター 美斉津順子さん

投稿日: カテゴリー: 未分類

 

 美斉津さんのレタス畑 (19)

レタス農家の美斉津順子さんに会いに行ってきました。

美斉津さんは、平成26年2月に長野県知事より農村生活マイスターとして認定されました。

農村生活マイスター認定制度とは、

農業経営や地域の活動に積極的に参加している女性農業者さんをリーダーとして認定する制度です。

長野県では、平成4年に設立され県内には現在800名から900名ほどの方が認定され活躍しているとのことです。

小諸市には、美斉津さんのほかに12名のマイスターさんがいます。

みんな、地域の直売所の経営やJAの理事さんなど所属先で活躍しています。

 

美斉津さんのレタス畑 (23)

 

美斉津さんは家族で、毎朝レタスを収穫しJAさんへ出荷をしています。
箱に詰める時には、大きさと切り株の形をそろえるなど厳選しています。
厳選されたレタスの箱には「選」のシールが貼られます!

気の抜けない作業です!

肥料には、きのこの切り株と牛糞を混ぜて1年間熟成させてから使用しています。

 

 

今回は、美斉津さんの大好きなレタスも紹介してもらいました。

 

レタス畑

会いに行った日は、雨が少し降り始めてきたころですが「晴れると景色がとてもいいのよ」と元気に話してくださいました。