信州味噌の焼き味噌おむすび、肉じゃが、キャベツの酢漬け

投稿日: カテゴリー: 小諸の農産物

六月二十一日 夏至

 

焼きみそおむすび

肉じゃが

キャベツの酢漬け

麦茶

 

 

夏至。

そろそろ梅雨のシーズンですが、

小諸は山に囲まれているせいか、それほど雨が続くということはありません。

陽も伸びて、長く働けるものですから、高原野菜の収穫もペースを増しています。

今日は、収穫を手伝いながら、農家さんのところにお邪魔しての農家めし。

(ペースが早すぎて、ほとんど戦力にはなりませんでしたが。)

取れたものをシンプルにいただきます。

夏は酢の味。

活動時間が増え、汗をかくと、酸っぱいものが美味しいですね。

小諸の夏はまだまだこれから。

元気な野菜から、元気をもらって、頑張るとしましょう。

 

 

料理 鴨川知征BISTRO AOKUBI

”小諸の土”産(みやげ)チーム

 

 

レシピ

 

「焼きみそおむすび」

材料 4人分)

ご飯 4人分

信州みそ 大さじ4

酒 大さじ2

作り方)

  1. 炊きたてのご飯を8個のおむすびにする。みそに酒を加えて、溶きのばす。
  2. 焼き網を熱して、中火でおむすびを焼く。表面が乾き、さらに焼き色がついたらみそを塗る。みそを塗った面を下にして焼き、香ばしく焼き色がついたら出来上がり。

 

 

 

「肉じゃが」

材料 約4人分)

じゃがいも(新じゃが) 500g

玉ねぎ 500g

牛切り落とし肉 250g

白滝 1玉

青ねぎ 3本

サラダ油 大さじ2

酒 1/2カップ

砂糖 大さじ5

しょうゆ 大さじ5

作り方)

  1. じゃがいもは皮をむき、大きめの一口大に切る。玉ねぎは皮をむき6〜8等分のくし形に切る。青ねぎはざく切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切る。白滝は下茹でし、食べやすく切る。
  2. 鍋にサラダ油を入れて火にかけ、なじませ、牛肉を少し入れて中火で炒める。じゃがいもを入れ、表面に透明感がでてくるまで炒める。
  3. 玉ねぎ、白滝を加えて混ぜ、残りの牛肉をその上に広げる。酒と砂糖をまわしかける。蓋をして10分ほど蒸し焼きにする。
  4. しょうゆを加え、蓋をして火を弱め15分ほど煮る。煮上がったら、青ねぎを加え、蓋をして1分ほど蒸らし、火を止める。小諸の白いも。御牧ケ原の粘土質土壌から上等なじゃがいもが取れます。新じゃがが少し取れだしたようですので、今日は野菜の水分で蒸す感じの肉じゃがに。

 

 

 

「キャベツの酢漬け」

 

材料 作りやすい量)

キャベツ 1個(800g)

塩 16g(キャベツの重さの2%)

細切り昆布 10g

赤唐辛子 1本

砂糖 大さじ5

酢 1と1/2カップ

水 1と1/2カップ

作り方)

  1. キャベツは洗って、葉を食べやすい大きさにちぎる。ボウルに入れ、塩をまんべんなく絡めて、しんなりさせる。
  2. キャベツの水気を絞って、漬物容器に入れ、砂糖、酢、昆布、唐辛子を入れなじませる。

蓋をして軽めの重しをのせて漬ける。1時間以上漬け込んでき上がり。1〜2週間日持ちします。

キャベツも出たてで柔らかいアマリファームのもの。