ジャムを使った点心でエスニックな飲茶タイム

kokuu0419

レシピ1 ジャムみその北京ダック風

レシピ2 ジャムチリソースの生春巻き

     烏龍茶

 

4月20日は「ジャムの日」

日本ジャム工業組合が制定したのですが、実は小諸は日本のジャム発祥の地のひとつで、

小諸で作られたジャムが明治天皇に献上された日が4月20日だったからなのだそうです。

今年はこの状況下のためイベントは開催されませんが、毎年この日に、ジャムの日のイベントが開催されます。

小諸のスーパーにはたくさんの種類のジャムが並び、いろいろな果物で手作りする人も多いです。

普段はパンにつけて美味しくいただいているジャムですが、今日は趣向を変えて、

食材としてのジャムの使い方をしてみました。

ジャムを使った点心で、エスニックな飲茶タイム。

小諸も暖かく感じられる午後、ときには遊びごころを楽しんで。

 

料理 鴨川知征(BISTRO AOKUBI

”小諸の土”産(みやげ)チーム

 

 

レシピ1 ジャムみその北京ダック風

(材料 約2人分)

・鶏もも肉 1枚

・しょうゆ 大さじ1

・ブルーベリージャム 大さじ1

・酒 大さじ1

・食パン(サンドイッチ用) 4枚

・サラダ菜 4枚

・きゅうり 1/2本

・ねぎ 1/4本

————————–

【ジャムみそ】

・ブルーベリージャム 大さじ1

・信州みそ 大さじ1

作り方)

  1. しょうゆ、ブルーベリージャム、酒を合わせておく。フライパンにサラダ油を入れ中火で熱する。鶏肉を皮面からじっくり焼き色をつける。裏面はさっと焼く。フライパンの油を拭き取り、合わせた調味料を入れて蓋をし、弱火で10分ほど蒸し焼きにする。火を強めて煮汁を詰めて、鶏肉にからめる。照り焼きを作る要領です。
  2. ジャムみその材料を混ぜ合わせておく。1.の鶏肉は冷まし、食べやすい大きさに切る。サラダ菜は1枚ずつちぎる。きゅうりは細く切る。ねぎは白髪ねぎにする。食パンは麺棒などで押し伸ばす。
  3. 食パンの上にサラダ菜を敷き、鶏肉、きゅうり、白髪ねぎを上に載せる。ジャムみそをその上に載せ、パンを手で巻いていただく。

 

 

レシピ2 ジャムチリソースの生春巻き

(材料 約2人分)

・ライスペーパー 2枚

・ボイルエビ 4尾

・レタス 1/8個

・ピーナッツ 少々

・大葉 2枚

・ビーフン 5g

————————–

【ジャムチリソース】

・豆板醤 小さじ1

・マーマレード 大さじ1

・酢 大さじ1

作り方)

  1. エビは縦半分に切る。レタスは千切り。ピーナッツは荒く刻む。ビーフンは茹でて5センチくらいにカットする。
  2. ライスペーパーを水で柔らかくして広げ、大葉、レタス、ピーナッツ、ビーフン、エビは赤い面が外側になるように置き、手で巻く。
  3. 小瓶などにジャムチリソースの材料を入れ、よく振ってソースを作る。
  4. 生春巻きは4等分にカットし、皿に盛る。小皿にジャムチリソースを入れ、つけながらいただく。