七草の菜めし、エゴマちりめん、塩鮭の粕汁

新しい年が始まりました。

小諸では寒さがいや増し、一年で最も厳しい時期に入っていきます。

外に出るのも辛いですが、年末年始の賑やかさもひと段落し、そろそろ仕事はじめ。

土はまだ眠っていますが、我々は先に体を起こさねば。

1日フライングして、春の若芽をいただくとします。

根菜たっぷり、具沢山の粕汁は、寒い時期のご馳走ですね。身も心もホッとします。

せり、エゴマ、酒粕。

良い香りに包まれて、身体を整え、明日への備えとしましょう。

 

料理 鴨川知征BISTRO AOKUBI

”小諸の土”産(みやげ)チーム

 

レシピ1 七草の菜めし

レシピ2 エゴマちりめん

レシピ3 塩鮭の粕汁

 

Recipe:

 

「七草の菜めし」

材料 約4人分)

ご飯 4合

せり 1ワ

なずな 適量

塩 小さじ1

作り方)

せり、なずなは2分ほど茹でてザルにあげ、粗熱が取れたら硬い部分を取り除き、2ミリほどに細かく刻む。

絞って水分を取り、塩で和えておく。ご飯を炊き、炊いたご飯にせり、なずなを混ぜていただく。

おかゆよりも手軽に作れます。おにぎりにしても美味しいです。七草は全部揃わなくても、せり、大根やかぶの葉だけでも十分です。春菊も美味しい。なずなは小諸の田んぼの脇に生えていました。

 

「エゴマちりめん」

 

材料)

エゴマ

ちりめんじゃこ

山椒粉

作り方)

エゴマをから炒りして、すり鉢で軽くする。ちりめんじゃこもから炒りして、すり鉢に入れて混ぜ合わせる。山椒粉と塩を適量加え調味する。今日は菜めしの上にかけていただきます。エゴマは小諸の特産で、エゴマ油も作られています。エゴマは普通のゴマよりも風味が強く、山椒とよく合います。手軽にカルシウムが取れるので、ふりかけとして常備しています。

 

「鮭の粕汁」

 

材料 約4人分)

酒粕 100g

塩鮭(甘口) 2切れ

大根 1/8本

人参 1/4本

ごぼう 1/4本

油揚げ 1枚

青ねぎ 少々

信州みそ 大さじ2

出汁 4カップ

-出汁材料-

昆布 5cm

干ししいたけ 2個

水 700cc

作り方)

  1. 出汁を準備する。材料を鍋に入れて一晩おく。
  2. 酒粕は出汁少々で伸ばしておく。鮭は皮ごと2等分にする。大根と人参は厚めのいちょう切りにする。ごぼうはささがきにする(この時期のごぼうはあく抜きしなくても良いです)。油揚げは短冊に切る。出汁の干ししいたけは軸を取り細切りにして鍋に戻す。青ねぎは刻む。
  3. 出汁の材料の入った鍋を沸かし、一煮立ちしたら昆布を取り出す。大根、人参、ごぼうを入れる。野菜に火が通ったら、鮭と油揚げを加える。鮭に火が通ったら、みそこしで酒粕とみそを溶き入れる。器に盛り、青ねぎを添える。今日のみそは山吹みその甘めの白みそ、酒粕は大塚酒造の吟醸のものを使いました。