ブルーベリー最盛期

投稿日: カテゴリー: 小諸の農産物

286

 

ブルーベリーの出荷が最盛期を迎えようとしています。今年は例年より早めです。

JA佐久浅間ベリー部会(生産者35名)では、主力品種「ブルーレイ」、「スパルタン」を中心に今シーズンは、生産計画量6,700㎏を中京方面へ出荷する予定です。

そこで、6月20日には、品質を揃えるための「目ぞろえ会」を開き、果実の外観チェックや熟度の見極め、等級ごとの荷造り方法を確認しました。

今年は、5月~6月にかけて適度な雨があったため、大粒の果実に仕上がっているとのこと。また、近年、整枝剪定などの栽培技術を向上させて、品質向上に努めており、生産者は手ごたえを感じているようです。

参考 「日本農業新聞 2016.7.12」