小諸のおやき、にらせんべい、なすせんべい

投稿日: カテゴリー: KOMORO AGRI SHIFT小諸の農産物

レシピ1 小諸のおやき

レシピ2 にらせんべい・なすせんべい

     お茶

 

小諸も、稲の刈り入れの時期になりました。

一面に広がる、実った稲穂の姿がとても美しいです。

今日は稲刈り真っ最中の農家さんの元へ。

地元のおやき名人とおやきと、にら・なすせんべいを作って差し入れです。

小諸では、おこびれ(おこびる)と言って、

農仕事の小昼(おやつ)の習慣があります。

お茶請けですが、ちょっとした食事に近いもの。

こうした言葉や習慣が残っている小諸は、

ずっと前から農が暮らしの中心にあったんだなー、と思います。

にら・なすせんべいは、この辺では懐かしの定番おこびれのようで、とても喜んでくれました。

 

料理 鴨川知征(BISTRO AOKUBI

”小諸の土”産(みやげ)チーム

 

 

レシピ1 小諸のおやき

材料 15個分)

地粉(中力粉) 400g

ベーキングパウダー 大さじ1

砂糖 50g

水 200cc

サラダ油  小さじ1

 

-具材(野沢菜)材料-

野沢菜(水で塩抜きしたもの) 300g

サラダ油 大さじ2

信州みそ 大さじ3

砂糖 大さじ1と1/2

みりん 大さじ1と1/2

 

-具材(切干大根)材料-

切干大根(水で戻したもの) 300g

人参 80g

二番だし 300cc

サラダ油 大さじ2

砂糖 大さじ2

しょうゆ 大さじ4

作り方)

  1. 生地を作る。ボウルに地粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れる。水を加減しながら加え、箸でかき混ぜる。耳たぶくらいの硬さに捏ねる。ビニール袋に入れて1時間寝かせる。
  2. 野沢菜の具材を作る。野沢菜漬けは1時間ほど水に浸して塩抜きし、細かく刻む。鍋に油を熱し、野沢菜を炒める。砂糖、みりん、みそで味付けする。具は冷ましておく。
  3. 切干大根の具材を作る。切干大根は水で戻して絞り、水を切る。人参は千切りにする。鍋に油を熱し、切干大根と人参を炒める。だしを加え、砂糖、しょうゆで味付けする。歯ごたえが残るくらいの仕上がりにする。具は冷ましておく。
  4. 具を適量とり手で丸めておく。生地は一つ40gくらいずつに分け、手粉をつけて丸める。手のひらで生地を平らにし、回しながら薄く丸く広げる。生地の真ん中に丸めた具を載せる。手で巾着状に具を包み、口をくっつけて塞ぐ(包むのは慣れないとなかなか難しいです)。これを繰り返す。
  5. テフロンのフライパンやホットプレートに薄くサラダ油を敷き、丸めたおやきの両面を色づくまで焼く。焼いたおやきを蒸し器で5分ほど蒸す。信州のザ・郷土食、おやきにはいろいろなスタイルがありますが、小諸は焼いて蒸すやり方です。具材はかぼちゃやなすなども美味しいですね。

 

 

 

レシピ2 にらせんべい・なすせんべい

材料 26センチフライパン各1枚分)

にら 50g

なす 1本

地粉 2カップ

卵 1個

水 200cc

砂糖 大さじ2

信州みそ 大さじ2

サラダ油

-つけじょうゆ-

しょうゆ 大さじ2

砂糖 大さじ3

作り方)

  1. にらは1センチに刻む。なすは5ミリほどの薄切りにして水に放った後、水を切る。ボウルに卵を割り入れてほぐし、水、砂糖、みそを入れてよく混ぜる。地粉を加えて混ぜ、2つに分ける。片方はにらを入れて混ぜ合わせる。もう片方はなすを入れて混ぜ合わせる。つけじょうゆを混ぜて作る。